尼崎オニバリーデイズ

尼崎出身の大学生がチマチマと綴る日記。onigiribakudang.hatenadiary.comが本家ってことになってるけど現在は更新停止状態。

酒とバラの日々

久々にオスカー・ピーターソンとかキース・ジャレットとかのジャズピアニストの曲を聴いた。前期ライブ以来一度も聴いてなかった。

何でだろうな。すげえ格好良いわ。春に無理して聴いていた頃よりも遥かに良く感じる。本当に同じ曲なのかってレベル。

 

何だかんだで今でもジャズ嫌いじゃないのかな。そもそもは桑原あいというジャズピアニストがカバーした「21st Century Schizoid Man」を聴いてジャズ研に入ろうと思った訳だし、あの頃は本気でジャズを好きになろうとしてたんだよなあ。

 

音楽ってそういうものじゃないよね。好きになろうとして好きになるものではない。

 

あの時ジャズ研を選んだ俺を否定したくはない。ずっと何もしてこなかった俺がやろうと思ったことなのだから。本当にジャズがやりたい、その気持ちは確かにあったんだ。あの日渋谷のタワレコで流れていた桑原あいのスキッツォイドマンのカバーを聴いた時に「これだ!」ってなったのを今でも覚えている。

 

「The Days Of Wine And Roses」を練習した日々。一心不乱とまではいかないが、三日坊主にしては頑張っていたつもりだ。それは決して長くは続かなかったけど、今考えるとあの頃の俺はまだ充実していたのかもしれない。でもどこかでプツリと気持ちを切らして、勝手に線引きをして自らその充実を手放した。

やはり俺は愚かだ。散々自分に後悔はしたくないと言い聞かせてきたのに、結局後悔してばかりじゃないか。

 

俺の部屋の電子ピアノが眠りについてもう4ヶ月になる。お前への恐怖を取り払うまでは起こしてあげられそうにない。

 

 


Days Of Wine & Roses / Oscar Peterson Trio ...

名曲。この曲をちゃんと弾けるようになるまでは死ねない。まあそれは嘘だけど。

広告を非表示にする