尼崎オニバリーデイズ

尼崎出身の大学生がチマチマと綴る日記。onigiribakudang.hatenadiary.comが本家ってことになってるけど現在は更新停止状態。

EPIC DAY

最高の1日だった。

夢のような1日だった。一生覚めてほしくない夢だった。

やっぱり俺は中学時代の友達が1番好きだ。中学校が1番楽しかった。記憶から消し去りたいようなことも沢山やったけど、それでも俺の青春は確かにあそこにあったんだ。


とにかく最高だった。それしか書けねえわ。

生きてて良かった。中学を卒業してからの約5年間はこの日の為にあったようなもの。
広告を非表示にする

Magic

DEFEATED SANITYが来日するだと?まさかの再来日。これは行きたい。また日本で見られる日が来るなんて。

明日は成人式。どんな感じなのかイマイチ想像がついてない。中学の友達と結構会えるものなのかな。よくわかんねえや。楽しみだと思わなくもないんだが、どちらかと言うと面倒臭いという気持ちの方が強いような。まあ行事の前日はそんなもんか。どう足掻こうが行くしかない訳だし。

因みに今日もバンプばっかり聴いてました。名曲が多すぎる。惚れ惚れするわ。昨日は「COSMONAUT」ばかり褒めてたが、「ユグドラシル」もやっぱりヤバい。名盤中の名盤。
FLAME VEIN」も「THE LIVING DEAD」も「jupiter」も。
聴いてるとその曲にハマってた頃の出来事とか風景が浮かんでくる。
広告を非表示にする

テガーミン

やっぱりバンプは偉大だ。今でも胸を熱くさせてくれる。久々に「COSMONAUT」を聴いたけど、素晴らしいの一言に尽きるね。名盤。

でも、リリースされた当時「COSMONAUT」は俺の周りでは問題作扱いだった記憶がある。あらゆる面において棘が抜けてしまった。俺たちが愛したバンプはもういない、とそんな感じの反応が多かった。
彼らの気持ちもよくわかった。確かにすっかり丸くなってしまった感はあったから。それは前作の「orbital period」からも感じられることではあったのだけど、あの作品は許されていた。というか普通に皆好きだった。
俺は初めて聴いた時から「COSMONAUT」は良いと思ったのだが、中々賛同は得られなかった。本当は絶賛したいのに、「新しいアルバムよく聴いたら意外と良くね?」ぐらいのことしか言えないのがなんとも歯痒かった。しかもそれすら「いや、それはない。あれはクソ。」とバッサリいかれたり。

個人的には最高傑作だと思ってる。「FLAME VEIN」や「ユグドラシル」の方が思い入れはあるけど、今聴いて1番心に響くのは「COSMONAUT」なんだよね。シングル曲は名曲揃いだし、アルバム曲もどれも秀逸。アルバムとしての流れも素晴らしい。

HAPPYの歌詞には本当に勇気付けられる。「終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる」、まるでこのブログの毎日更新を続けろと言われているようではありませんか。
広告を非表示にする

タイムフライパン

今年初の台場散策をしてきました。

台場は特に何があるって訳では無いけど雰囲気が好きだからつい行っちゃう街の1つ。

ただし今日は一応目的があって、もう少しで閉館するシネマメディアージュで映画を見る為に来た。なんとなくあそこで見てみたかったんだよね。

着いたら早速映画のチケットを買って、その後ガンダムに挨拶。更にその後ダイバーシティのショッピングモールで昼飯。勿論田中商店。
f:id:onigiribakudang:20170106224816j:image

さて映画は何を見たかというと、折角なので以前から見るか迷ってた「君の名は。」を見てきた。
評判通りとても面白かった。「雲のむこう、約束の場所」や「秒速5センチメートル」を思い出させるラストが良かったわ。長澤まさみが奥寺先輩だったのエンドロールまで気付かなかったわ。というか出てるの忘れてた。それだけ役にハマってたってことだろうな。

でも個人的に最高だったのは映画が終わった後なんだよなあ。余韻に浸ってる中シネマメディアージュが入ってるアクアシティという建物から出て飛び込んできた夜景。久々に世界が美しいと思えた。
f:id:onigiribakudang:20170106225552j:image
こんな写真じゃ全然伝わらないけどね。こればっかりは生で見ないと。「君の名は。」の内容的にも良い感じにマッチしてて感動した。
この体験が出来ただけでもシネマメディアージュに来た甲斐はあった。閉館前に来られて良かったよホントに。

この後も嬉しいことがあって、初めてガンダムプロジェクションマッピング的なやつに立ち会えた。
f:id:onigiribakudang:20170106230020j:image
f:id:onigiribakudang:20170106230035j:image
f:id:onigiribakudang:20170106230045j:image
f:id:onigiribakudang:20170106230109j:image
f:id:onigiribakudang:20170106230119j:image
綺麗でございました。最後に上を向くガンダム
f:id:onigiribakudang:20170106230223j:image
ガンダムも無くなっちゃうんだよな。凄く寂しいわ。今や台場のシンボルみたいなもんなのに。台場来たらガンダムの写真撮るのが俺の中で恒例になってる。それが出来なくなるのは本当に寂しい。
f:id:onigiribakudang:20170106230407j:image
ガンダムの前に人が群がってるのが英雄感出てて良かったですね。


今回の台場散策は大満足だった。やっぱりちゃんと目的があると楽しいものだね。
広告を非表示にする

ソングオブ車輪

今日は成人式が近いから中学生の当時聴いてた曲を聴いていたんだが、「懐かしいなあ」というよりも「この曲あんまり好きじゃねえわ」という感情が勝った。なんと悲しいことでしょう。本当に好きな曲は今でもやっぱり良いなと思えるんだけど、その時の流行りに乗ってなんとなく聴いてた曲は今聴くと微妙だわ。主にRADWIMPSのことを言ってる。

 

このブログにも何度か書いたが、当時は俺の友人の多くはRADが好きだった。俺はそこまで魅力を感じていなかったのだけれど、話のネタに聴きたいなと思い友人からアルバムを借りてはPSPに入れて聴いていた。ウォークマンiPodも持っていなかった。そこまで魅力を感じていなかった、と前述したが好きな曲は確かにあった。ただその好きな(だった)曲すらも良いと思えなかったというのが今日の話である。

でも「グーの音」とかはやっぱり格好良い曲だと思う。

 

その一方で当時俺の周りでRADと双璧を成す人気バンドだったBUMP OF CHICKENに関しては、俺もまた虜にされた一人であった。故に今聴いても響くものはあるし、本当に好きだったんだと再確認させられる。

 

前も全く同じ内容の日記書かなかったか?大丈夫?まあその辺は大目に見てくれや。

広告を非表示にする

辛いマスク

バイトに完全に適応した感がある。一昨日10時間働いたからか今日の5時間はかなり短く感じた。だが慢心は捨てよう。常に気持ちはルーキー。

 

 

タモリの7ヶ国語バスガイドすげえ。


 

4ヶ国語麻雀は知ってたがこんなのもあったのか。ゲラゲラ笑えるわ。

ハエの形態模写とかハイエナの心情模写とかも面白い。よくわからないけどなんか面白い。

こういう一芸に秀でてる人は強いよなあ。

広告を非表示にする

カルボナーラ総帥

毎日更新マジでやめようかな。最近中身無さすぎるんだよなあ。元々中身なんて無いけど最近は本当にゴミだと思うわ。

それなりの量を書こうとしてるのがいけないのだろうか。ネタが無い時は1行で済ましても良いのが日記だという考え方もあるが、それならEvernoteで事足りちゃってるんだよねえ。

オニバリーデイズはオニバリーガーデンほどガッツリ書くまでもないけど、書きたいことがあったから作ったブログだからそもそも毎日更新をしていること自体本来の趣旨からは明らかにズレてるよなあ。いつの間にか日記になってしまっていた。最初から日記だったような気もするけど。

僕はブレるという点には於いては決してブレないのでね。
広告を非表示にする