読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尼崎オニバリーデイズ

尼崎出身の大学生がチマチマと綴る日記。onigiribakudang.hatenadiary.comが本家ってことになってるけど現在は更新停止状態。

SUNRISE

最近聴いてる音楽について書こうか。

今は本当に買いたいCD以外は買わないことにしている。KREATORの新譜やOVERKILLの新譜が出たのは知っているし、欲しいとも思う。ONIとかいうプログレメタルバンドも気になっている。でも全くメタルを聴く気にはなれないんだ。

そんな中俺が買ったCDがCreepy Nutsの新EP「助演男優賞」。
f:id:onigiribakudang:20170212001120j:image
5曲入り。個人的に気に入っているのは「どっち」、「朝焼け」、「未来予想図」の3曲。
特に「朝焼け」のリリックが今の自分に刺さっててよく聴いてる。

「数多くを失くした で俺は何を成した?何を残した」
「俺は被害者 そう思ってる痛い奴」

何者にもなれない自分を受け入れられた時こそが真の出発点って内容だから決して暗いだけの曲ではないんだけど、それでも聴いてて中々辛いものがある。最近本当にそういうこと考えていたから余計にね。
広告を非表示にする

帰還

ただいま。

1ヶ月もしないうちに帰ってきました。まあ再開することは元から決めてたのよ。単純にちょっと休みたかったってだけで。

1/9に成人式・同窓会があって、それ以来心にぽっかりと穴が開いているような状態だった。いや、今もそうだと思う。もう中学時代には戻れないんだなあと考えるとどんどん気持ちが沈んでいって、特に夜になると泣きたくなるぐらい悲しくなった。そんな中ブログを更新する気にはなれなかったってのが一旦やめた理由。

今でもそう思う時はある。辛くて仕方がない。でもどんなに嘆いてもあの日々は帰ってこない。それなら現在をより良いものに変えていくしかないと、少しはそう思えるようになってきたから再開することにした。

今月は友達と遊びまくる。なんとかこの春休みを楽しく過ごそうと必死だ。大学、高校の友達に加え、今は中学の友達とも連絡が取れる。5年間音信不通だったからこそ、とても幸せに思える。地元の友達と地元で遊ぶ、5年前は当たり前だったことがこれほど幸せに感じられるなんて。

再開すると言っても毎日更新をするつもりはない。書きたい時にサラッと書く。そういう感じでやらせてもらうわ。
広告を非表示にする

お休み

日記やめます。

というか一旦やめる。

ネタが無いってのもあるけど、それだけじゃない。当分はこの日記を書くような気分にはなれそうにない。

疲れた。
広告を非表示にする

消えた翼

成人の日に5年振りに会った友人と晩飯を食った。あまり間隔を空けずに会いたかったというのと、単純に構ってほしいという2つの理由で俺が呼び出した。

色々と話したのだけれど、1番思ったのは本当に5年も経ってしまったんだということ。5年会ってなくても彼との仲の良さは変わらないし、あの頃と同じように会話が出来る。でも本当に5年が経ってしまった。失った時間は取り戻せない。

20時に集まって結局2時まで話してた。話すことが5年分あるからね。まだまだ話し足りんよ。幸せな時間だった。
広告を非表示にする

Over

まだ一昨日の興奮を引きずってる。

昨日は1曲目だけ聴いてもう良いやってなっちゃったから改めてミスチルの新シングルをしっかり聴いた。

f:id:onigiribakudang:20170112002429j:image
良いね。まず新曲であるヒカリノアトリエが良い。最近のミスチルは全くチェックしてなくて、この曲が朝ドラに使われてるのを知ったのもつい最近なんだよね。
今回のシングルは新曲は1曲のみで他は既存曲のスタジオライブ音源とホールツアーのライブ音源という新たな試みだった訳だが、やっぱりどれも名曲だなあ。特にCANDY。これがアルバム曲ってのが信じられん。個人的にも大好きな曲だし。くるみもヤバい。ライブ音源も含めて思ったけど、桜井さん声出てんのねえ。まだこんな声出るのか、まだこんな歌い方出来るのかって。

まあでも本編はシークレットトラックだな。笑わせてもらった。
広告を非表示にする

追憶

完全に成人の日ロスだ。

ちょっと前まであんなに楽しかったのに当たり前のように始まる1日。全てがどうでも良くなった。

今日はフリースタイルダンジョンの放送日だけど、全く見る気がしない。ミスチルの新しく出たシングルを買って聴いてみてもイマイチ頭に入ってこない。

暫く立ち直れそうもない。その勢いでこのブログの更新も止めてしまいたいなあ。

同窓会があんなにも楽しいものだとは。約5年間待った甲斐があった。
広告を非表示にする

EPIC DAY

最高の1日だった。

夢のような1日だった。一生覚めてほしくない夢だった。

やっぱり俺は中学時代の友達が1番好きだ。中学校が1番楽しかった。記憶から消し去りたいようなことも沢山やったけど、それでも俺の青春は確かにあそこにあったんだ。


とにかく最高だった。それしか書けねえわ。

生きてて良かった。中学を卒業してからの約5年間はこの日の為にあったようなもの。
広告を非表示にする